「雨」

黒い空に浮かぶ憎しみと祈り

無作為に下した怒り

駄々をこねるように

いつまでも続く唸り声は頬を殴っては過ぎ去る

後頭部を貫きながら記憶を消していく

今だけが真実

この場所は地獄

寒さに耐えながら手の甲を探す

過去に受けた仕打ちをここに解き放とう いまから


死は距離を保ちながらも目を離さない

万華鏡の様に心は掴めなく揺れ動く

誰の物でもない自由は誰もが持て余している

計画通りに進まない

あの頃は良かったなんてくだらない

ルーターの点滅がデーターを垂れ流し続ける

馬鹿と叩きながら世界を支配した気になる

無力感と孤独が狭い部屋を覆う

仮想空間は果てしなく広がり

壊死した脳内に新しい世界を埋め込む

生と死の狭間に金を落としながら


借りパクしたやつ氏ね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA